医学部を目指すならば個別指導をしている予備校のほうが理解しやすい

医学部を目指す受験生のための予備校では、指導方法に違いがあります

医学部に合格するためには、他の学部を受験するよりも高い得点率が要求されます。
無計画に勉強をしても十分な成果を得ることは難しく、各大学の試験について情報を得るのも大変です。
ですから、医学部の受験に力を入れている予備校に通うことで、最も合格できるようになる近道と言えます。
そんな医学部を目指す受験生のための予備校では、指導方法に違いがあります。
学校と同じように大勢が教室で1人の講師が行う講義を受ける集団指導と、家庭教師のよう生徒に講師が一人ついて指導をしていく個別指導です。
どちらのやり方にもメリットとデメリットがありますが、ここでは個別指導の魅力についてみてみましょう。
個別指導を受けることが良い理由は、生徒の習熟度に合わせて授業を行える点です。
有名な予備校では、本を出せばベストセラーになり、テレビや雑誌でも活躍している講師がいます。
その講師の授業を受ければ、合格の確率が高まるということで通う生徒も少なくありません。
しかし、そこで誤解してはいけないのが、有名な講師の授業は受ければ自動的に学力が向上するというものではないことです。
医学部を受験するためにまず必要になるのは、応用問題を解く時間を作ることではなく基礎レベルの知識を完璧に習得することです。
基礎をおろそかにしてしまうと、どれほど優れた講師の授業を受けたところで、何も理解ができません。
ついていけないのに難しい内容の授業を受けて、問題を解こうとしても時間が無駄になるだけです。
もちろん集団指導でも、理解が追いついているのであれば問題はありません。

総合的に考えるとセンター試験廃止には反対派ですが、柴山大臣のおっしゃっていること自体は理解できる。
少なくともセンター試験やあらゆる入試が時代に即していないのは間違いないと思う。
批判を恐れて何もしないのではなく、多少のリスクも覚悟で進めるという判断は支持したい。
https://t.co/VcgkoCgwL8

— 医学部予備校ACE Academy (@aceacademy9) 2019年9月7日

医学部を目指す受験生のための予備校では、指導方法に違いがあります講師の教えたかひとつで学力をどこまで伸ばせるかが変わってくる個別指導のメリットデメリット